1983年5月発売のソフト

Title198X年
発売元CSK/フィルコム
GenreSLG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 第3次世界大戦を舞台としたシミュレーションゲーム。ヘックス状のマップを戦場として、両軍の作戦が同時に実行される同時移動型のゲーム。これは後にシステムソフトの大戦略3で採用されたものと同じシステムである。
感想
情報



Titleロリータ
発売元PSK
GenreADV
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) このゲームは、野球拳である。じゃんけんで勝つと相手が脱ぐ。ただし、ある程度まで脱がせると、女の子が赤くなったり、早く脱がせすぎると警察につかまったりといったフィーチャーがはいっており、氾濫していた数多の野球拳ゲームをとは一線を駕していた。さすがはロリータシリーズの第一号である。ロリータというだけあって、キャラクターはロリータ少女。PSKのロリータシリーズのはじめの作品である。本職が医者だという噂の武市好浩氏のロリータ伝説はここからはじまったのだろうか。このゲーム、ロードに60分くらいかかったらしい。負けるとまたロード。画像データをRGB(BRG)順にロードしていたらしい。88版は「ロリータ2」とほぼ同時期に移植された。
感想
情報 パッケージの裏面



Titleロリータ2
発売元PSK
GenreADV
発売日1983年5月
定価7,800円
機種PC-8801以降
特徴(概要) 野球拳だった「ロリータ1」の続編として登場。今回はほとんどテキストアドベンチャーになった。ということは当然ストーリーが発生しているわけだ。当時のエッチゲームで、このようにストーリー性をもたせてゲームをしようというのはPSKぐらいだったのでは? ある程度ゲームが進むと、気合の入ったエッチグラフィックが表示される。パッケージに写真がついており、マニアの心をくすぐる。このソフトはかなり売れた。しかし、内容にはちょっと問題があった。下校中の少女を警官に見つからないように袋小路に追いつめて、ロープやハンマーで襲うという過激な内容だったのである。パソコン少年が暗くて、エッチだなんてイメージを作ってしまったのはこのゲームかもしれない。
感想
情報 パッケージの裏面



Titleカラー版花札ゲーム
発売元COSMIC SOFT
GenreTBL
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 本物そっくりの花札のグラフィックが美しいこいこいゲーム。98と88の同時発売だった。役が少ないのが欠点。
感想
情報



Title15パズル
発売元アポロテクニカ
GenrePZL
発売日1983年5月
定価2,800円
機種PC-8801以降
特徴(概要) 15パズルゲーム。298回以内に完成させると、コンピュータの手順と比較しながら、自分の手を再現してくれる。
感想
情報



Titleスペースパターン
発売元アポロテクニカ
GenreSTG
発売日1983年5月
定価2,800円
機種PC-8001以降
特徴(概要) PC8001用のシューティングゲーム。
感想
情報



Titleフルハウス3
発売元アンプルソフト
GenreTBL
発売日1983年5月
定価3,500円
機種PC-8001以降
特徴(概要) 複雑なルールをプログラム化したドボンゲーム。3人でできる。カードの絵がきれいだし、スピードもなかなか速い。コンピュータが2人を担当する。まず4枚のカードが配られ、場に一枚オープンされる。プレーヤーはこのカードと同じマークのカードか同じ数のカードを選び出し、場に捨てることができる。出せるカードがないときは[N]を押して山の中から一枚ひっぱってこなければならない。こうして一番最初に手札がなくなったものの勝ち。
感想
情報



Titleクフ王の秘密
発売元光栄
GenreRPG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) ピラミッドの中を歩き回って、クフ王の財宝を見つけ出すことが目的のロールプレイングゲーム。すべて動作がワンキーで操作できる。食料や時間もある。日本初のロールプレイングゲームという広告があった。
感想
情報



Title信長の野望
発売元光栄
GenreSLG
発売日1983年5月
定価6,800円
機種PC-8801以降
特徴(概要) 歴史シミュレーションゲームの王者「光栄」はここから始まったといっても過言ではないだろう。これ以前にも戦闘シミュレーションはたくさんあったが、織田信長という有名な武将が主人公であるというとっつきやすさと、天下統一の発想がよかった。このゲームは織田信長になって、近畿、関東地方の17ヶ国を統一するというシミュレーションゲームである。ゲームは1人でも2人でもでき、2人の場合は、2人目は武田信玄でプレーすることになる。一ヶ月を1ターンとし、1ターンごとに必要な政策を施していく。政策は、開墾、治水工事、施し、戦争、町作り、商人などさまざま。四季の変化とともに洪水が起ったりするので、治水には特に注意が必要だ。兵力が少ないと他国から攻め込まれてしまうので、周りの状況をみながら兵を雇う。ただ、あまり雇いすぎると所有の米を全部使い果たしてしまって、逆に兵が減ったりする。また、境の商人に米を売って金に変えたりするのだが、年ごとに相場があり、相場が高いときに売るともうかったりする。国力を貯えるには、開墾するか、人心をあげるかしかないのだが、開墾すると人がふえてしまい、お金を施しても、なかなか人心があがらなくなる。そこで人が少ないときに、どんどんお金をあげて人心を得るのがコツだ。そうすると秋にバンバン米が入ってくるので、それを境の商人に売りつける。これが得策。また兵も忠誠心が高いと10倍の兵力にも勝ててしまうので、どんどん忠誠をあげてしまおう。こうすると、すごいゲームに様相が変わってくる。戦闘はヘックス型でまだまだやれることは少ないが、山とか街だと戦いが有利だとか、信長が自ら戦闘にいくと強いとか、いろいろと要素はある。
感想私がはじめて徹夜しそうになったゲームかもしれない。最初名前をみたときは「なんだこれ」なんて思ってバカにしていたのだが、やってみたらハマルハマル。はじめて全国統一したときの感動はそりゃすごいものだった。ともかく人心をあげることを中心にすれば、国力はすぐに強くなる。だからコツがわかってしまうとえらい簡単になってしまう。でも、その辺がおもしろいところなんだけど。逆に全国版はあまりこちらが無法の強さをもてなくなってしまったのが残念。金がたまってくるとやることがなくなってくるので、暗殺忍者を999人送り込んで、その国を大混乱を陥れ、忠誠を「−999」にすると、いつのまにか敵の兵力がゼロに等しくなるので、戦わずして勝つことができるのがおもしろい。暗殺のために999人の忍者を武田信玄に送り込んでも失敗する。999人のうち一人ぐらいは武田信玄をしとめろ。マイナーな武将だと一人でも暗殺に成功するのにね。(Y.ROMI)
情報



Title選挙
発売元システムソフト
GenreSLG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) この時期に発売された異色シミュレーションで、なかなかの傑作である。選挙に立候補し6月30日の投票日を目指して24日間の選挙運動を行う。立候補者は全部で7人。6人を相手にポスター、演説、買収(!)の3通りの方法で、選挙戦を戦い抜いていく。ただ、買収がばれると検挙されることがある。なんともリアリティがあってすばらしい。当選するとダルマの目を黒くすることができる。
感想
情報



Titleウィザード・アンド・ザ・プリンセス
発売元スタークラフト
GenreADV
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要)アップルでヒットしたシェラ・オンライン社の同名のゲームをスタークラフトが日本語版に移植したもの。日本では、このソフトが出たころはまだ「アドベンチャーゲーム」という存在がはっきりと確立していない時期であり、このゲームは、日本におけるアドベンチャーゲームの礎を築いた1本であるといえる。このゲームはは、ファンタジックな西洋のおとぎ話のようなストーリーで、「ミステリーハウス」などと違い、オールフルカラーの美しいグラフィックを持っていたので、当時最も人気があった移植作で、途中に小人おヘビの王様、魔法塚使いなどが登場し、ゲームを盛り上げる。当時アドベチャーゲームといえば、「ウィザード・アンド・ザ・プリンセス」をなくしては語れないというほど、このゲームは一種独特の魅力を放っていた。
感想
情報 小パッケージ



TitleHOT BOX
発売元ツクモ
GenreACT
発売日1983年5月
定価3,000円
機種PC-8001以降
特徴(概要) BOXの中にある黄色いブロックをとっていくラリーX+パックマン型のゲーム。PC-8001用のゲーム。
感想
情報



Titleアイストリーミング
発売元ツクモ
GenreACT
発売日1983年5月
定価3,000円
機種PC-8001以降
特徴(概要) PCG-8100用のゲームで、アーケードのペンゴタイプ。
感想
情報



Titleこいこい
発売元ツクモ
GenreTBL
発売日1983年5月
定価3,000円
機種PC-8001以降
特徴(概要) 88用のグラフィカルなこいこいゲーム。札をならべる場が広く、札を30秒切らないでいると、コンピュータが勝手に手札をきってしまう。
感想
情報



Titleストリートランナー
発売元ツクモ
GenreTBL
発売日1983年5月
定価3,000円
機種PC-8001以降
特徴(概要) PCG-8800用のゲーム。マラソンランナーになり、歩行者天国、車道、地雷などを走り抜けるゲーム。2Dカーレースゲームに近い感覚。
感想
情報



Titleクレージーフライト
発売元ツクモ
GenreSTG
発売日1983年5月
定価3,000円
機種PC-8001以降
特徴(概要) スクランブルのような、地上にミサイルを投下する横スクロールシューティングゲーム。
感想
情報



Titleビリヤード
発売元ツクモ
GenreTBL
発売日1983年5月
定価3,000円
機種PC-8001以降
特徴(概要)
感想
情報



Titleイカロス
発売元プロシューマー
GenreADV
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) オデゼイアの続編。ソフトハウスRASTAMAN制作のアドベンチャーゲーム。幻の鳥、フェニックスの発見を目的にコンピュータと対話して冒険を進めていく。メインをBASICで組んでいるのでスピードが遅い。コンピュータノベルと謳って発売していた。こんな時期にコンピュータノベルという言葉はもう使われていた。
感想
情報



Titleスラバヤ沖海戦
発売元ポニー
GenreSLG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 太平洋戦争初の大海戦を舞台に、プレーヤーは日本軍を指揮して、敵連合艦隊を撃破するシミュレーションゲーム。
感想
情報



Title真珠湾攻撃&マレー沖航空戦
発売元ポニー
GenreSLG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) コンピュータシミュレーションの入門用として発売された簡単なウォーゲーム。テキスト画面で進行する。真珠湾は攻撃目標の設定だけがテーマだが、ちょっとコツがいって、史実以上の戦果をあげるのには苦労する。
感想
情報



Titleハリコフ攻防戦
発売元ポニー
GenreSLG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) ドイツ軍となって、ソ連軍を撃退するシミュレーションゲーム。
感想
情報



Titleフォークランド上陸作戦
発売元ポニー
GenreSLG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 1982年に展開されたアルゼンチン軍の占領にはじまるフォークランド紛争。占領された島を奪還するシミュレーションゲーム。
感想
情報



Title大銀行強盗&スクウェア・ポーカー
発売元ポニー
GenreTBL
発売日1983年5月
定価2,800円
機種PC-8801以降
特徴(概要) 2本のゲームが入ったもの。
感想
情報



Title国士無双
発売元ポニー
GenreTBL
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 四人麻雀のポニカ版。チー、ポン、カンなどもできる本格派。ちょっと思考がおそい。
感想
情報



Titleストライカー
発売元T.I.P
GenreSTG
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 上下左右に移動し、敵を破壊するシューティングゲーム。一瞬全方向スクロールかと思うが、固定画面アクション。宇宙なのにぜんぜん狭い。
感想
情報



Title連珠
発売元光栄
GenreTBL
発売日1983年5月
定価3,500円
機種PC-8001以降
特徴(概要) 先手、後手を選んで行う連珠ゲーム。
感想
情報



Titleザ・パドック
発売元チャンピオンソフト
GenreSLG
発売日1983年5月
定価3,500円
機種PC-8001以降
特徴(概要)
感想
情報



Titleミッドナイトコマンダー
発売元マイクロキャビン
GenreACT
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 真夜中の洋上、月明かりもなくレーダーを頼りに敵を探索して攻撃するゲーム。味方の艦隊、飛行機隊を駆使し、本拠地をのっとるゲーム。
感想
情報 パッケージの裏



Titleパチンコフィーバー
発売元ポニー
GenreACT
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 初期のパチンコをシミュレートしたゲーム。
感想
情報



Title聖なる剣
発売元クリスタルソフト
GenreADV
発売日1983年5月
定価
機種PC-8801以降
特徴(概要) 東の山の魔王にさらわれたお姫様を救出せよ。テキストアドベンチャーの傑作。
感想
情報 パッケージの裏面