ゲーム保存協会 Game Preservation Society New Year

理事長から新年のご挨拶

2018年がはじまりました。皆さま旧年中は、当NPO法人の活動にひとかたならぬご支援ご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

お蔭様にて、2017年にはゲーム保存協会の悲願でもあったPCゲームソフトのアーカイブ室一般公開も成し遂げ、様々な理由で当協会所蔵のソフトを必要とする方に資料を閲覧いただいております。こうした事業を順調に続けられるのも皆様からのご理解ご協力があってこそ、ゲーム保存協会に参加くださっている皆様には感謝の言葉が尽きません。

一年の計は元旦にあり、とはよく申しますが、ゲーム保存協会でも気持ちを新たにして今後もゲームの歴史を残す様々な取り組みを続けてまいります。

今年度ゲーム保存協会でははじめて、文化庁からの助成を受けることになりました。ゲームの保存に関して動きの鈍かった日本ですが、そうした態度が少しずつ変わってきているのを感じます。今回の助成金は当協会のアーカイブをもとにした専門的データベースの作成事業に使われます。美術館や博物館が資料のカタログを作るように、当協会でも実際の資料を一つ一つ確認しながら「ネット情報のコピペ」ではなく現物資料をもとにしたデータベース作りを進めます。信頼性の高い情報が今後のゲーム研究の活性化に繋がればと願っております。

さらに、今年からあらたにゲーム保存協会の取扱い資料に「電子ゲーム」が加わります。80年代を中心に人々を魅了した電子ゲームですが、ゲーム&ウォッチなど誰もが一つはもっていた小さな携帯ゲーム機の数々は、研究が少なく資料収集、現物保存、資料のデータベース化ともに難易度の高い文化資料です。ゲーム保存協会ではこの電子ゲームの保存にも乗り出します。

毎年、夏に当協会が主催し開催しているイベントは、今年は8月に都内中心部にて、素晴らしいゲストをお招きして大きく開催する予定でございます。

本年も皆様のご厚情を支えに、スタッフ一同心新たに活動に誠意努力いたします。何卒、ご協力を賜り変わらぬご支援をお願い申し上げ、本年も皆さま方の益々のご発展を祈念いたしまして、新年のご挨拶を申し上げます。

NPO法人ゲーム保存協会
理事長
ルドン ジョゼフ

投稿カテゴリー:投稿