名誉会員

ゲーム保存協会の取り組みを応援するクリエイター・プログラマーたち

「名誉会員」は過去の功績や現在のネームバリューで当協会の保存活動に貢献し、応援を送る特別な会員です。
ゲーム保存協会では、ゲームソフトやハードウェア、雑誌や書籍などを収集するだけでなく、こうしたものを作っていた当時の第一線のクリエイターの皆さんとの輪も大切にしています。人がいなければ文化は生まれません。
人の足跡を記録し、証言を記録することも大切なゲーム保存活動である、との思いから生まれたのが、ゲーム保存協会の「名誉会員」制度です。

過去ゲーム文化の歴史に貢献された方からの応援は、活動を続ける私たちにとってとても心強いものです。未来にゲームの歴史をしっかりと伝えていくために、一つでも多くの資料を残し、一人でも多くの方と協力して取り組みたいと考えています。

日高 徹
プログラム技術者、ライター
保存活動に取り組むことは、夢とロマンを感じます

木屋 善夫
プログラマー、ゲームデザイナー
自分の関わった作品を保存し有効活用できるなら

内藤 時浩
プログラマー、ゲームデザイナー
自らが作りだしたゲーム文化を発表出来たら嬉しい


宮路 洋一
企画・プロデューサー・プログラマー他
失われつつある過去作品を後世に残していく作業は意味深い