ゲーム保存協会は、ゲーム保存に関する専門技術や知識を備えた有志らによって運営されているNPOです。

日本ではゲーム文化を愛し保存を意識して活動する人たちがいても、所属や専門を超えてそういった人材を繋ぐ組織は存在しませんでした。ジャンルを超えて知識を共有し、ゲーム文化と文化財の継承のために活動する団体を立ち上げようとして始まったのがゲーム保存協会です。

現在、主に80年代のデジタルゲーム(パソコン、コンシューマー、アーケード)を対象として保存を意識した何らかの活動をしてきた人たちが集まっており、たとえばゲームのリマスタリング技術を持つもの、ハードウェアに詳しいもの、周辺資料やデータベースを作るもの、ソフトや資料の収集と保存を行うもの、画像修復技術を持つものなどが、それぞれの個性を生かし、自己の利益とは無関係に、未来に文化財を残すため協力しあっています。

膨大な資料と専門的で特殊な問題を抱えたゲームの保存は、一人の人間の力ではやり遂げることができません。よりオープンに活動情報を公開し、立場を問わずゲーム保存に関心を持つ多くの人と協力する必要があります。大切な文化とその資料を未来に残すために、今後も活動を続けて行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

理事からの言葉

redon
写真:Jun’ichi ISHIZUKA

ゲーム保存協会の理事長を務めます、ルドン ジョゼフと申します。
幼い頃より80年代の日本のゲームの歴史に魅了され、その貴重な文化財を護り継ぐ取り組みがしたいという気持ちでゲーム保存協会を立ち上げました。
絵画や映画のように、ゲームも未来に残すべき立派な文化です。
残念なことに、日本ではゲームを文化財として扱い、その歴史的資料を保護していこうとする人はまだまだ少数派です。
70年代以降、海外にも影響を与える素晴らしい創意工夫に満ちたゲームを生んだ日本ですが、その立派な歴史を日本国内の多くの人は知らされることもなく、文化的資料としてこれらを保存する活動も充実しているとはいえません。私たちの文化を未来に残すためには、まず私たち自身が動きださなければなりません。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ゲームには音楽や美術にはない「メディアの劣化」という恐ろしい現実があります。文化として保存するために今何かしなければ、資料は劣化して二度と元には戻らず、永遠に失われてしまいます。
海外ではゲーム文化資料保存の取り組みがすでに存在しています。
ゲーム保存協会も、ボランティアメンバーらの力で、ゲームを文化として将来に残すための様々な活動を進めて行きたいと思っています。
目下問題となるのは、日本国内での資料保存に関する意識形成と、実際の作業に取り組む人員、そして散逸してしまった脆弱なゲーム資料の確保です。
私は日本の歴史を、ここ日本で、守り、残したいと強く願っています。
既に同じような取り組みをされてきた方、ゲーム文化の保存に関心があり助力をいただける方、ゲームのために何かできるかもしれないと考えていらっしゃる方、一人ではできないことでも多くの人と協力すれば可能になることがありますので、ゲーム保存協会と一緒に活動していただける方は、ぜひお気軽にご連絡をください。
力を合わせて70~90年代の魅力的なゲームを未来の子供たちに伝えて行きましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

fukuda

はじめまして。
ゲーム保存協会 副理事長の福田です。
当協会のページをご覧いただいている方ということはゲームが好きですよね?
友人の家に集まって、わいわい言いながらやっていたゲーム、雑誌のプログラムを必死に打ち込んでいたあの頃、頑張って貯めたお小遣いで購入したけど残念なゲーム。
そのような思い出のあるゲームも、適切な保存方法で保存していなければ、時間と共に消滅するだけです。
では、ディスクなどをデジタル保存するだけでいいのでしょうか?
経年劣化で失われるものは媒体だけではありません。
私は主に過去の機体の保守やデータのマイグレーション(フロッピーディスクやテープのデジタル化など)とその実機での再使用などに関して、研究、開発を行いたいと思っています。
情報も次々に消滅していってしまっていますので、少しでも多くの皆さんの協力が必要と考えています。
当時の開発に携わっていた方、今現在その分野で活躍している方などでなくても、「ゲーム、好きだったよね」ということだけで十分です。
「ゲームを保存すること」に取り組んでいきます。
よろしくお願いいたします。