イベント「フロッピーディスクの技術とマイグレーション」のお知らせ

日ごろNPO法人ゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。

前回は盛況の中、アーケードゲーム保存活動としてデコ・カセットシステムについてご報告させていただきました。
今回は話題を過去の国産PCゲームで広く使用されたメディアであるフロッピーディスクへ焦点を合わせて報告させていただきます。
2012年5月にもフロッピーディスクメディアに関する問題点を報告させていただきましたが、今回はメディアの劣化対策や保存方法は割愛させていただき、デジタル保存(マイグレーション)の話題を、その技術、問題点を中心に報告させていただきます。
当協会でフロッピーディスクのマイグレーションを行うデバイスとして推奨していますKryoFluxと呼ばれるフロッピーディスクコントローラとダンプされたStreamファイルの説明、さらにそれらから作成されるIPF(Interchangeable Preservation Format)ファイルの解説を通じ、これらの方法で行うマイグレーションの必要性などをお話させていただきます。

また当日は実際のオリジナルゲームディスクから、KryoFluxを利用したダンプ、そしてIPF形式への変換とその実機での使用を実演させていただきます。
ゲームに関わらずフロッピーディスク保存にご興味ご関心ある方はぜひ会場にお越しください。

みなさまのご来場をメンバー一同心よりお待ちしております

日程:
2012年12月22日(土)
13:30開始(16:00頃終了予定)

場所:
篠崎文化プラザ・第二講義室
http://www.shinozaki-bunkaplaza.com/

参加無料・予約等なし

ゲーム保存協会 福田

投稿カテゴリー:告知, 投稿, 講演