ゲーム保存協会本部資料室開放のお知らせ

うららかな春の訪れとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日はゲーム保存協会から嬉しいお知らせです。
このたび東京都にあるゲーム保存協会本部内にて「ゲーム資料室」をオープンいたしました。1976年から94年までのPC関連の雑誌資料を配した、ゲームの研究をされる方々にご利用いただける図書室となっております。書架に並べられている雑誌はログイン、コンプティーク、ポプコム、テクノポリス、Oh!シリーズなど、約2200冊以上。国会図書館が所蔵していない資料もございます。団体ではそのほかにも保有している資料がございますが、現時点ではPC関連の雑誌のみの公開となっており、研究のためにここを必要とする方に無料で開放しております。
80年代を中心としたビデオゲームの歴史研究はまだまだ発展途上の段階です。沢山の研究者が活発に活動を続けることで、この分野が学問としてより一層活気付き豊かになることを願い、ささやかではございますが資料の一部を公開し多くの研究者の需要に応えてききたく努力いたします。
資料室の使用方法については下記に詳細を載せております。
資料室書架の雑誌にはまだまだ欠品が多く(特にテクノポリスと月刊アスキー)、付録も揃えることは大変ではありますが、今後も継続して充実した資料室作りに努めます。
一人でも多くの方のお役に立てるよう頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ゲーム保存協会 ルドン

資料室について

目的
当資料室はゲーム文化研究の振興と研究者の育成を目的として開設されました。一般の図書館等で手に入りにくい資料をより多くの人に活用してもらい、次世代の研究者に研究の機会を提供します。
所蔵資料
現在、資料のデータベースを作成しておりますが閲覧可能な雑誌のリストをご確認下さい(クリックしますと新しいウィンドウが開きます):

●ゲーム保存協会資料室閲覧可能リスト

利用条件
ゲームに関連する事象を研究する正規の研究者あるいは学生、ゲームに関連するホームページの作者、ゲームに関する記事を執筆するジャーナリストや同人誌のライター。
NPO法人ゲーム保存協会会員(サポーター・正会員)で、協会内のプロジェクト遂行上、資料を必要とする者。

所在地
東急大井町線 尾山台駅より徒歩15分、等々力駅より徒歩15分、自由が丘駅よりバスにて15分
利用方法
こちらのフォームより必要事項をご記入の上、施設利用のご予約をお願い致します:

アーカイブ利用の予約フォーム


EYE150502

投稿カテゴリー:告知, 投稿, 日本