デジタルゲーム保存の歴史と未来

我々の活動であるデジタルゲーム保存は、まだ海外に比べて意識そのものが低い状況にあります。なぜゲーム保存が必要なのか、またどんな技術が必要とされるのか、様々な疑問を持たれる方も多いでしょう。
NPO化に向けて、そうした基本的な質問に答えられるような準備を進めていますが、一つの試みとして今年静岡で開催された「日本SF大会」における分科会の枠をお借りして「MSXユーザーズグループ」と共同で講演を行いました。日本SF大会は今年で50回を迎え、参加者も1000名を越える歴史と規模を持ったイベントです。

「ビデオゲーム保存の歴史と未来」
2011年09月04日 13:30~15:00 グランシップ・908会議室

日本SF大会における分科会は同時に複数の企画が開催され、参加者はその中から興味のある物に自由に参加できる形式を取っています。毎回開催される企画も多くある中で、今回が初開催の講演でありながら約40人ほどの方が来て下さいました。

ビデオゲーム保存の必要性、他メディアの現状、海外での意識や保存活動、具体的な保存技術も含めて約1時間の講演と、30分の質疑応答という構成を取りました。今回は始めてということもあり、特に「ビデオゲームをなぜ保存しなければならないか」、「デジタルゲームの現存状況」について重点を置いて解説しました。

・ビデオゲームは開発元の企業で保存されていることは稀
・保存している企業もパッケージの保管が主体で、劣化に対する意識は低い
・映画業界では特に無声時代の作品の多くが失われ、取り返しのつかない損失となった

最終的には立ち見の方も出る結果となり、想像以上の関心の高さを感じられるものとなりました。また、同様の活動をされている方やゲーム業界の古いお話を伺うこともでき、当方としても得る物は大きいイベントでした。

 

8インチディスク(メディア)の実物や、HxC Floppy Emulatorを装着したPC-8801MCも持ち込み、動作している状態の展示も行いました。実際の機材が動いているところはなかなかお見せすることは難しいのですが、こうした機会を捉えて活動の幅を広げていきたいと思います。

ゲーム保存協会 日下

投稿カテゴリー:投稿, 日本, 講演