名ゲームクリエイター外山雄一さんがゲーム保存協会の名誉会員に加わりました

この度、ゲーム保存協会では、80年代から多くのゲーム開発に携わり、今もゲーム業界で活躍している外山雄一さんを名誉会員としてお迎えすることになりました。

名誉会員とは

ゲーム保存協会では、ゲームソフトやハードウェア、雑誌や書籍などを収集するだけでなく、こうしたものを作っていた当時の第一線のクリエイターの皆さんとの輪も大切にしています。人がいなければ文化は生まれません。名作ゲームの裏には、必ず、一人一人のヒューマンドラマがあるのです。人の足跡を記録し、証言を記録することも大切なゲーム保存活動である、との思いから生まれたのが、ゲーム保存協会の「名誉会員」制度です。

外山雄一さんについて

外山さんは現在はタイトーに在籍し、「スペースインベーダー インヴィンシブルコレクション」等のディレクターとして活躍中です。
当協会制作のドキュメンタリー「芸夢 [gei・mɯ](ゲイム)」にご出演いただくご縁があり、ドキュメンタリー内では外山さんが子どもの頃に遊んだビデオゲームのお話し、アマチュア・プログラマーとしての最初の作品、ご自身が開発に携わったゲームに関する思いを語っていただきました。
今回改めて当協会のゲームを文化として次世代に残すという活動方針への賛同をいただき、この度、名誉会員として当協会への参加をご快諾くださいました。

ゲーム保存協会を応援する外山雄一さんからのメッセージや略歴は、こちらのページでご確認いただけます。

名誉会員 外山雄一

 

ドキュメンタリー「芸夢 [gei・mɯ](ゲイム)」公開中

ゲーム保存協会では作者側でのゲームの歴史を残すことを目的として、当時のゲームクリエイターにインタビューを行ってまとめたドキュメンタリー映像を制作しています。第一弾は、「外山雄一~近代のリアルタイムストラテジーゲームのパイオニア~」。
この機会に、皆さまぜひご視聴ください。

 

 

ゲーム文化の歴史に貢献された方からの応援は、活動を続ける私たちにとって、とても心強いものです。
未来にゲームの歴史をしっかりと伝えていくために、一つでも多くの資料を残し、一人でも多くの方と協力して取り組みたいと考えているゲーム保存協会。取り組みへの参加方法は様々です。今後も名誉会員に参加いただける方が増えるよう、透明性を保った団体運営と真摯な活動展開を維持してまいります。

ぜひ今後のゲーム保存協会の取り組みへのご支援ご協力をよろしくお願いいたします。

サポーターに登録する

 

写真:Nicolas DATICHE

保存告知投稿日本記事カテゴリーの記事