工画堂スタジオ様からゲーム資料を寄贈いただきました

株式会社工画堂スタジオは、創業100年を超えた企業様。1916年に「図案と版画 谷工画堂」として創業して以来、グラフィックデザインの仕事を強みとしており、1982年発売のパソコンゲーム「Emmy」からゲームソフトを開発されています。
今年2021年11月には新作ゲーム「スターメロディー ユメミドリーマー」をリリースし、長年ゲーム制作をされております。

その工画堂スタジオ様から、2021年4月にゲームソフトやCDなど、258点をご寄贈いただきました。
この度は、JCGA(日本コンピューターゲーム協会)の幹事である、工画堂スタジオ 代表取締役社長・谷逸平様との交流をきっかけとし、当協会へのご支援という形で同社倉庫で保管されていたソフトをご寄贈いただく運びとなりました。

寄贈品は、国内Windows用PCゲームソフトをメインに、同社代表作である「シュヴァルツシルト」シリーズのレトロPCソフト、オーディオCDなども含まれます。
状態も素晴らしい未開封品で、工画堂スタジオ様が、作品に対して非常に愛着を持って自社で保管されていたことが窺えました。当協会への心温かいご支援、誠にありがとうございました。

【関連記事】

寄贈品の品々は未開封で非常に良い状態。グラフィック制作に強みがあり、ゲームソフト開発前から、株式会社タカラ(現 タカラトミー) 『人生ゲーム』をはじめ数多くのボードゲームの企画開発に携わっていた

寄贈いただいたものはPCソフト、コンシューマー用、書籍、CDなど、メディアの種類によって分類し、リスト化した上でそれぞれのメディアに応じたアーカイブ室で保管されます。またこの際に管理用QRコードをラベリングし、当協会の所蔵データベースに登録します。

ゲームアーカイブ室は、温度と湿度を365日管理し、日光や磁気など資料を痛める危険性のあるものを排除した専門ルーム。資料の劣化を抑えるため専用保存容器の中に資料を移し、現物を保管しています。さらに、劣化によるデータの完全消失を防ぐため、専用機器を使いフロッピーの中身をデジタル化し、2段階の保存作業で資料の消滅を防いでいます。

ゲーム保存協会は次世代にゲームを伝えて行ける設備で資料を保管されており、これも会員の皆さまからのご支援により賄われています。
貴重なゲーム・資料を未来に遺していくために、皆さまからのご支援をお待ちしております。
→サポーター登録はこちら

 

チャリティーオークション実施のお知らせ(予告)

「ゲーム保存協会 設立10周年イベント」の一環として近日中に、ヤフオク!にてチャリティーオークションを実施し、工画堂スタジオ様からご寄贈いただいた重複在庫をチャリティーオークションにて出品する予定です。オークションの売上金は保存活動の支援金として活用させていただきます。
12月中に出品を開始する予定ですが、詳細が決まり次第、ゲーム保存協会ホームページならびにSNSにて告知いたします。

ゲーム・資料の寄贈をご検討いただけませんか?

ゲームメーカーの企業様より、「自社のゲームを保管し、会社として残していきたいが、管理リソースもスペースもないため、どうしたらいいかわからない」という声をよくお聞きしております。ゲームを作る側である企業様からの信頼に応え、当協会でも1つでも多くのゲーム資料を保存していければと考えています。
寄贈をご検討されている企業様がいらっしゃいましたら、寄贈専用ページからぜひお問い合わせください。

→ゲーム・資料の寄贈のご案内はこちら

今後ともみなさまのご支援をよろしくお願いいたします。

保存告知報告投稿記事カテゴリーの記事