【再決定】4/23(土)ライブ配信は、ゲストに鈴木理香さんをお迎えいたします

去年より設立10周年イベントの一環として実施している、大好評のゲーム保存協会のYouTubeライブ配信。
コロナウイルス感染症の影響によって1月29日の配信が延期となっておりましたが、4月23日(土)に新たな日程として開催決定しましたのでお知らせします。
次回はなんと、ゲームクリエイターの方をゲストをお招きしての特別なトークイベント! 福岡ソフトハウスの雄、「リバーヒルソフト」でゲーム企画・シナリオを手掛けた鈴木理香さんをゲストにお迎えし、副理事長・福田が司会進行を務めます。

■配信日時
2022年4月23日(土) 14:00~15:30 
2022年1月29日(土) 14:00~15:30  日程延期

■出演者 鈴木理香(株式会社ベルウッド代表取締役)、福田卓也(ゲーム保存協会 副理事長)

鈴木理香(すずき りか)さん プロフィール
福岡県出身。1983年、福岡にて株式会社リバーヒルソフトを岡崎一博氏とともに創業、ゲーム制作を開始する。 同社の企画、シナリオを担当し、数多くのアドベンチャーゲームを開発する。 中でもミステリーアドベンチャーゲームを得意とし、1986年にJ.B.ハロルドシリーズ第一作となる「殺人倶楽部(マーダークラブ)」を発表。 その後、「マンハッタン・レクイエム」「キス・オブ・マーダー」「D.C.コネクション」「ブルー・シカゴ・ブルース」とタイトルは続き、同社の代表シリーズとなる。 その後も複数のゲーム企画・シナリオを手掛ける中、大正時代を背景とした藤堂龍之介探偵日記シリーズとなる「琥珀色の遺言 ~西洋骨牌連続殺人事件~」 「黄金の羅針盤 ~翔洋丸桑港航路殺人事件~」を発表。1920年代の世界観が幅広い層から人気を得る。 1999年からは株式会社シングの取締役副社長へ就任。コンシューマーでも「アナザーコード」「ウィッシュルーム」などのアドベンチャーゲームの開発を経て、 現在は株式会社ベルウッド 代表取締役に就任。

ライブ配信URLは、後日ゲーム保存協会のSNSアカウントにて告知いたします。 またリアルタイムで参加いただけない方も、アーカイブに残す予定ですが、ライブ当日はコメントでも参加いただけます。 ぜひ皆さまのご視聴、参加をお待ちしております!

■YouTube

当協会のYouTubeチャンネルに登録いただくと最新のお知らせが届きますので、ぜひご登録ください。 ゲーム保存協会 Game Preservation Society

■前回の配信アーカイブはこちら

「ゲーム保存協会㊗設立10周年!はじめてのライブ配信」 ゲーム保存協会㊗設立10周年!ストリーミング第2回  

おかげさまでゲーム保存協会設立10周年を迎え、益々活動に邁進してまいりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。 

告知投稿記事カテゴリーの記事