Xanadu

「伝説のゲームクリエイターに聞く」第2弾

6月も半ば、夏の訪れを感じる季節となりました。
本日は、毎年恒例夏のゲーム保存協会主催イベントのお知らせです。
昨年はプログラマー日高徹氏をゲストに、多くの方のご参加をいただいた定例イベントですが、今年はなんと3名の豪華ゲストをお迎えし、ゲーム史に名を残す名作ゲーム制作の裏側や当時の雰囲気などを語っていただきます。
 
ゲーム保存協会特別講演「伝説のゲームクリエイターに聞く」第2弾
【ゲスト】 (司会・ゲーム保存協会 福田卓也)
ゲームプログラマー 木屋善夫
グラフィッカー 山根ともお
ログイン元編集長 新井創士 氏 (ほえほえ新井)
 
【日時】 2017年7月22日(土)14:00時~17:00時
【場所】 マイステイズ御茶ノ水コンファレンスセンター
東京都千代田区神田淡路町2-10-6、地下鉄丸ノ内線淡路町駅下車徒歩3分
【会費】 無料(要予約)
 
Conference
 
※同日同講演会場横の会議室にて当時のソフトパッケージなど貴重な資料を展示する「ファルコム黎明期―初期のゲームソフトを振り返る―」展(無料)を同時開催しております。こちらは13:00時から17:30時までの開場となりますので、講演の前にぜひ足をお運びください。
 
今回のイベントは、名作「ドラゴンスレイヤー」シリーズ(ザナドゥ、ソーサリアンなど)の生みの親としておなじみの木屋氏、「ザナドゥ」、「イース」、「エメラルドドラゴン」、「天外魔境Ⅱ卍MARU」など数多くの名作で秀逸なグラフィックを作り続けた山根氏の2名から直接お話を伺う非常に貴重な講演です。さらにログイン編集長として当時のゲーム業界をみてきた新井氏のトークで、他では聞くことのできないディープな80年代ゲームの舞台裏を見て行きます。
 
会場は秋葉原からほど近い「マイステイズ御茶ノ水コンファレンスセンター」。今回の講演は席数が限られております。参加ご希望の方には事前の予約をお願いしております。
 
・ゲーム保存協会サポーター会員の皆様には前方優先席のご用意がございます。
・それ以外の一般のお客様は、後方一般席でのご案内となります。
 
一般席の予約は、まず以下のフォームより必要事項を送信願います。
サポーター会員様のお受付終了後7月初旬に、空席状況に応じフォームを送信いただいた順番に、一般のお客様のお受付をさせていただきます。予約者番号をメールにてお知らせいたしますが、応募者多数の場合はご希望に添えずお断りをする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
 
現在満席
 
サポーター会員として年会費の納入をいただきますと、前方優先席をご用意できます。
また、サポーター特典として、お一人さま一つに限り、お好きなゲスト1名に質問をしていただけます。この他、各種パーティーやゲーム保存協会作成オリジナル冊子のプレゼントなどがございますので、この機会にぜひ、サポーターとして当協会の活動にご参加ください。
 
サポーター登録へ
 
当日、皆様と会場でお会いできることを楽しみに、たくさんの方からのご予約をお待ちしております。
 
NPO法人ゲーム保存協会

ゲーム保存協会 Game Preservation Society

【5周年記念特別講演「元プログラマー 日高 徹氏に聞く」】のお知らせ

日ごろゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。
 
今年、ゲーム保存協会は活動開始・発足から5年の節目を迎えます。
 
一年間の団体の活動を皆様にご報告する通常の年次イベントに加え、今夏はゲーム保存協会主催にて、ゲストに日高徹様をお招きした特別講演会の開催を決定いたしました。
 
8ビットマイコン世代であれば何方もご存知のスーパープログラマー日高徹氏にお越しいただき、ご自身のゲーム開発に纏わるお話を、理事 福田の司会にて、講演をいただきます。
当日はご本人の開発されたゲームや当時のゲーム資料に加え、秘蔵資料の展示も予定しています。
 
貴重な講演となりますので、ぜひ多くの方にご参加いただけますと幸いです。
 
講演中には会場から皆様のご質問をお受けする時間を取りたいと思っておりますが、すべてのご質問にお応えすることが難しいと予想されますので、事前に質問事項の受付けをしたいと考えております。
ゲーム保存協会のTwitterアカウント(@gamepres)、Facebookページ宛、メール(contactアットgamepres.org)にコメントなどにて質問の投稿をお待ちしています。
 
貴重なこの機会、ご関心ある方はぜひ会場にお越しください。
 
日程
2015年7月30日・土曜日
13:00開場(16:00頃終了予定)
 
場所:
OMGパートナーズビル貸し会議室
 
東京都千代田区神田和泉町1-3-13
http://kaigi.businesscatalyst.com/index.html
 
つくばエクスプレス秋葉原駅より徒歩5分
東京メトロ 秋葉原駅より徒歩4分
JR秋葉原駅より 徒歩5分
参加無料・予約等なし
 
予定タイムスケジュール
13:00 開場。展示ブースをオープン。
14:00 ゲーム保存協会 年次活動報告
14:30 講演「元プログラマー 日高 徹氏に聞く」
10分程度の休憩を挟む予定です。
16:00 終了予定
16:45 打ち上げ(参加希望者はご連絡ください:contactアットgamepres.org)

Miraikan Gamepres

企画展GAME ON特別フォーラム「どう残すか~技術と体験のアーカイブ」

初夏の風もさわやかな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、来る5月20日金曜日に開催される日本科学未来館「GAME ON」特別フォーラム「どう残すか~技術と体験のアーカイブ」への出演告知をさせていただきます。
このイベントは現在同館で開催中の企画展GAME ONに付随する催しです。
なぜゲームを残す必要があるのか、どうやって残せばよいのか、というゲーム保存の基本問題と向き合うフォーラムで、現在この国で行われているゲーム保存の状況を確認する機会となります。
パネリストは現在、ゲーム保存活動に関わる代表者が揃い、ゲーム研究、そして保存についての意見交換がなされる予定です。

【出演者】
上村雅之(立命館大学 映像学部 客員教授/ゲーム研究センター センター長)
桶田大介(弁護士/マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟アドバイザー)
辻哲朗(日本ゲーム博物館 館長)
中村伊知哉(CiP協議会 理事長)
細井浩一(立命館大学 映像学部/ゲーム研究センター 教授)
柳与志夫(東京大学大学院情報学環 特任教授)
ルドン・ジョゼフ(NPO法人ゲーム保存協会 理事長)

ゲーム保存の難しさ、問題点など第一線で動く研究者らの声を直接聞ける貴重な機会です。
文化としての地位の低さや資料散逸の状況から「現代の浮世絵」ともいえるゲーム、この魅力的な文化財の未来を知るイベントです。

開催日時2016年5月20日(金)14:00~16:00 (受付・開場:13:30~)
開催場所日本科学未来館 7階 イノベーションホール
参加費:無料
お申し込み:必要(定員50人まで)

フォーラム詳細は以下のリンクより:
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1604141619827.html