Ninja

4月に開催される「RETRO GAME À LA CARTE」に参加します

2016年4月16日(土)~17日(日)、静岡県沼津市で開催されるレトロゲームのイベント「RETRO GAME À LA CARTE」(レトロゲームアラカルト)に参加いたします。

インベーダーゲームの生みの親として有名な西角 友宏さん、『それは「ポン」から始まった-アーケードTVゲームの成り立ち』の著者である赤木 真澄さん、アーケード界の人間国保の高井商会の高井 一美さんといった豪華ゲストが集まり、アーケードゲーム黎明期の熱気を伝えるイベントで、私たちゲーム保存協会も講演をします。
講演内容は理事メンバーの福田による、アーケードゲームのプレイ記録についての講演、そして理事長ジョゼフによる、本邦初デコカセ復活プロジェクトと全タイトル紹介です。

decolist

そしてアーケードゲームのプレイ記録の講演は、現在はプレイしている画面のキャプチャーやビデオ録画が一般的ですが、この方法ではプレイヤーがどんなコマンド入力をどんなタイミングで行っているのか完全な記録はできませんし、同じプレイを実機で同じように再現することは不可能で、あくまでも記録の映像が残るだけです。例えば大昔のチェスの名勝負は全手が記録され現在でも同じゲームを再現することができますが、ゲームも、どのような手を打っているかが正確なタイミングと共に記録されるべきだと思いませんか?福田はその完全なプレイ記録を取るための全く新しいシステムを作っています。今回の講演ではその内容をわかりやすくご説明していく予定です。

デコカセ復刻プロジェクトは、ゲーム保存協会発足以来の重要なプロジェクトの一つです。そのマシンの特殊性、劣化と部品生産中止による復元の難しさから、これまで完全な復元や保存ができなかった幻のアーケードゲームの一つデコカセを、私たちは完全な形で修復し、専門的なレベルでデータを保存する技術を開発しました。現在、この技術のおかげで、たとえ劣化による故障や不備が出ても大部分のデコカセを修理し復元することができ、ソフトのリマスタリング作業ができます。今回の講演では全ソフトの紹介、そして小カセ、さらに幻の大カセの実機デモンストレーションを行います。

実際に動く大カセを目の前で見ることのできる非常に貴重な体験となるはずです。そして30年以上前に姿を消した幻の「戦国忍者隊」も!

さらに、フランスから日本のビデオゲーム史の専門家フロラン・ゴルジュを招いた講演を予定しているそうです。ゴルジュ氏の著書L’Histoire de Nintendo(任天堂の歴史)は全世界で翻訳され、ビデオゲーム史研究の基本図書となっています。レトロゲーム研究の最先端を知る素晴らしい機会になると思いますので、皆様ぜひご来場ください。

alacarte

参加無料
会場: プラサヴェルデ
住所: 〒410-0801 静岡県沼津市大手町1-1-4
詳細はこちら: http://retrogamealacarte.jp/
同イベントと同時に「はるこん2016」(http://www.hal-con.net/ja)も同会場で開催されています。

沼津周辺には、温泉や御殿場アウトレットもあり、週末のプチ旅行としてぜひお越しいただけたらと思います。

ゲーム保存協会 Game Preservation Society

イベント【4年目の活動報告およびゲーム保存に関する講演】のお知らせ

日ごろNPO法人ゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。
今回のイベントでは、今年度一年間の活動報告、そしてアーケードゲームプレイの保存、PC-88VA2の修理について講演します。

日程
2015年7月25日・土曜日
13:00開始(15:30頃終了予定)
場所:八重洲フィナンシャルビル 7階・D室 http://www.hello-mr.net/detail/?obj=103
JR東京・駅八重洲中央口から徒歩2分
東京メトロ・日本橋駅B3出口から徒歩3分
参加無料・予約等なし

講演詳細

担当:福田
【内容】
アーケードゲームプレイの保存:1つの提案としてゲームそのものを保存することや使用できる環境を保存すること、エミュレーションなどの開発も大切な保存活動ですが、ゲームの遊び方や攻略の方法などを残すことも大切なゲーム保存活動と言えます。
現在はインターネットを通じてプレイ動画の配信が可能なコンシューマー機も存在しており、野球やサッカーの試合を観戦するようにゲームプレイを観戦することやその動画の保存が可能となっています。
しかし古いゲームは当時のプレイヤーにしか分からない攻略などが多く存在し、プレイできる環境を用意することも困難なために、一部の有志によってプレイ動画が作成されているのみというものが現状です。
そこで今回のイベントではアーケードゲームでのプレイを保存する方法として、ひとつの提案となるものを皆さんに紹介させていただきたいと考えています。

担当:日下
【内容】
今のパソコンで「何もしてないのに壊れた」という人は大抵何かをやらかしているものですが、80年代の古いパソコンは本当に「何もしてないのに壊れる」ことがあります。今や実働するものが稀少な「PC-88VA2」(1988年製)の故障状態からの修理についてと、当時の機械に特有の事情をご紹介します。

ゲーム保存協会本部資料室開放のお知らせ

うららかな春の訪れとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日はゲーム保存協会から嬉しいお知らせです。
このたび東京都にあるゲーム保存協会本部内にて「ゲーム資料室」をオープンいたしました。1976年から94年までのPC関連の雑誌資料を配した、ゲームの研究をされる方々にご利用いただける図書室となっております。書架に並べられている雑誌はログイン、コンプティーク、ポプコム、テクノポリス、Oh!シリーズなど、約2200冊以上。国会図書館が所蔵していない資料もございます。団体ではそのほかにも保有している資料がございますが、現時点ではPC関連の雑誌のみの公開となっており、研究のためにここを必要とする方に無料で開放しております。
80年代を中心としたビデオゲームの歴史研究はまだまだ発展途上の段階です。沢山の研究者が活発に活動を続けることで、この分野が学問としてより一層活気付き豊かになることを願い、ささやかではございますが資料の一部を公開し多くの研究者の需要に応えてききたく努力いたします。
資料室の使用方法については下記に詳細を載せております。
資料室書架の雑誌にはまだまだ欠品が多く(特にテクノポリスと月刊アスキー)、付録も揃えることは大変ではありますが、今後も継続して充実した資料室作りに努めます。
一人でも多くの方のお役に立てるよう頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

ゲーム保存協会 ルドン

資料室について

目的
当資料室はゲーム文化研究の振興と研究者の育成を目的として開設されました。一般の図書館等で手に入りにくい資料をより多くの人に活用してもらい、次世代の研究者に研究の機会を提供します。
所蔵資料
現在、資料のデータベースを作成しておりますが閲覧可能な雑誌のリストをご確認下さい(クリックしますと新しいウィンドウが開きます):

●ゲーム保存協会資料室閲覧可能リスト

利用条件
ゲームに関連する事象を研究する正規の研究者あるいは学生、ゲームに関連するホームページの作者、ゲームに関する記事を執筆するジャーナリストや同人誌のライター。
NPO法人ゲーム保存協会会員(サポーター・正会員)で、協会内のプロジェクト遂行上、資料を必要とする者。

所在地
東急大井町線 尾山台駅より徒歩15分、等々力駅より徒歩15分、自由が丘駅よりバスにて15分
利用方法
こちらのフォームより必要事項をご記入の上、施設利用のご予約をお願い致します:

アーカイブ利用の予約フォーム


EYE150502