年明け(18日)のイベント【ゲーム保存アトリエ】のお知らせ

日ごろNPO法人ゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。

今回はフロッピーディスクの保存・復旧に関して、講演と実演を行いたいと思います。
KryoFluxやフロッピーエミュレータの最新情報と共に、写真では分かりづらい「カビや傷などで読めなくなったディスク」の実物を見られるように致します。
またカビの除去に必要な道具の紹介などを予定しております。

カビが生えてしまったフロッピーをお持ちの方は、直接持ち込んで頂ければその場で清掃→データ取り出しも行います。
(読めるかどうかは、フロッピーの状態にもよりますので保障は致しかねます)
どうにもならないと思う前に、ぜひご参加を。

日程
2014年01月18日・土曜日
13:30開始(16:00頃終了予定)

場所:
篠崎文化プラザ・第一講義室
http://www.shinozaki-bunkaplaza.com/

参加無料・予約等なし

ゲーム保存協会 日下

イベント【2年目の活動報告と光学メディアの保存について】のお知らせ

日ごろNPO法人ゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。

今回のイベントではCDを中心とした光学メディア保存の問題点について講演します。
「半永久」「情報劣化のないデジタルメディア」と言われて登場したCDですが、CDの一般販売が開始され30年が経過し、それらが現実には異なっていることが次第に分かって来ました。
更に磁気メディア以上にデジタルデータとしての保存が困難なメディアであることも問題です。
これらの問題点を報告させて頂き、光学メディア保存の問題について理解を深めて頂くことができますようお話させて頂きます。ご興味ご関心ある方はぜひ会場にお越しください。

みなさまのご来場をメンバー一同心よりお待ちしております。

日程
2013年07月27日・土曜日
14:00開始(16:30頃終了予定)

場所:
篠崎コミュニティセンター
集会室第1

都営新宿線の篠崎駅の駅ビル5階です。
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_shinozaki_hall/guide/index.html

参加無料・予約等なし

ゲーム保存協会 福田

イベント【メディア保存の意義と歴史】のお知らせ

日ごろNPO法人ゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。

4月ということで、「ゲーム保存がなぜ必要なのか」についてお話しします。
昨年春にも同じ題名で開催しましたが、ゲーム保存そのものの必要性を考えることは、協会そのものの理念に関わるだけでなく、外部からの協力を得る上でも重要ですし、活動方針を考える際にも必要となります。
ここ一年の出来事と共に、他分野での取り組みなども交えて紹介して行きたいと思います。

日程
2012年04月27日・土曜日
13:30開始(16:00頃終了予定)

場所:
篠崎文化プラザ・第二講義室
http://www.shinozaki-bunkaplaza.com/

参加無料・予約等なし

ゲーム保存協会 日下