ゲーム保存協会 Game Preservation Society

【5周年記念特別講演「元プログラマー 日高 徹氏に聞く」】のお知らせ

日ごろゲーム保存協会の活動に関心をお寄せいただいております皆様に、イベントのお知らせをいたします。

今年、ゲーム保存協会は活動開始・発足から5年の節目を迎えます。

一年間の団体の活動を皆様にご報告する通常の年次イベントに加え、今夏はゲーム保存協会主催にて、ゲストに日高徹様をお招きした特別講演会の開催を決定いたしました。

8ビットマイコン世代であれば何方もご存知のスーパープログラマー日高徹氏にお越しいただき、ご自身のゲーム開発に纏わるお話を、理事 福田の司会にて、講演をいただきます。
当日はご本人の開発されたゲームや当時のゲーム資料に加え、秘蔵資料の展示も予定しています。

貴重な講演となりますので、ぜひ多くの方にご参加いただけますと幸いです。

講演中には会場から皆様のご質問をお受けする時間を取りたいと思っておりますが、すべてのご質問にお応えすることが難しいと予想されますので、事前に質問事項の受付けをしたいと考えております。
ゲーム保存協会のTwitterアカウント(@gamepres)、Facebookページ宛、メール(contactアットgamepres.org)にコメントなどにて質問の投稿をお待ちしています。

貴重なこの機会、ご関心ある方はぜひ会場にお越しください。

日程
2015年7月30日・土曜日
13:00開場(16:00頃終了予定)

場所:
OMGパートナーズビル貸し会議室

東京都千代田区神田和泉町1-3-13
http://kaigi.businesscatalyst.com/index.html

つくばエクスプレス秋葉原駅より徒歩5分
東京メトロ 秋葉原駅より徒歩4分
JR秋葉原駅より 徒歩5分
参加無料・予約等なし

予定タイムスケジュール
13:00 開場。展示ブースをオープン。
14:00 ゲーム保存協会 年次活動報告
14:30 講演「元プログラマー 日高 徹氏に聞く」
10分程度の休憩を挟む予定です。
16:00 終了予定
16:45 打ち上げ(参加希望者はご連絡ください:contactアットgamepres.org)

ゲーム保存協会 Game Preservation Society

ハミングバードソフトの幻の1本『リキャプチャー<奪還>』の保存に成功

PCゲームに関しては全部で50本にも満たない数しか持っておらず、ハードの改造はおろかBASICですら怪しいこの私がこうして筆を取らせて頂いたのも、理事長であるジョゼフさんとハミングバードソフトのアドベンチャーゲームで繋がったご縁があったからです。

私はとにかくゲームが大好きなのが取り柄ですので、なんとしても しっかり残して後世に伝えていきたいと考えております。そんな訳 で今回はゲーム保存協会でハミングバードソフトから発売されたFM-8/7/77用ゲームソフト『リキャプチャー<奪還>』の保存に成功しましたので、記事にさせて頂きます。

■ハミングバードソフトとは

ハミングバードソフトといえば『ロードス島戦記』や少し古くて『ラプラスの魔』といったRPGに強いメーカーだというイメージをお持ちではないでしょうか。確かにその側面もありますが 、日本で初めてある程度の水準を保ったアドベンチャーゲームを発売したメーカーでもあります。第一作目は FM -8用5インチディスクにて1983年に 発売された『ザ・パームス』(定価11,000円)です。

01-201605

従来のアドベンチャーゲームはマイクロキャビンの『ミステリーハウス』など密室空間を舞台にしていました。そんな中『ザ・パームス』は湘南海岸をイメージさせる街並み、海底、海底都市スムウパと外へ外へとゲームが展開されます。そしてグラフィックには当時としては画期的なカラー描写が行われていました 。本作は1983年1月とまだパソコンゲームという市場が未成熟な時期に発売され、国産ゲームの品質を大いに引き上げました。

■『リキャプチャー』とは

02-201605title

『リキャプチャー』は1984年に「ハミングバード・別ベンチャー#1」(定価9,800円、85年に5,800円へと値下げ)というシリーズの第一弾として 発売されました。別ベンチャーと銘打たれているだけあり、今までメルヘンチックだった同社のアドベンチャーゲームとは方向性が異なっています。

主人公はフライ製薬の開発マンであり「100%Perfectな男の避妊薬」(マニュアルより)の開発に青春を賭けた若者です。そして主人公は遂に男性用避妊薬「KONDOH-MUYO」の開発に成功するのです。しかし黙っていないのはライバル会社であるモスキート製薬、なんと完成祝賀会で酩酊している主人公から「KONDOH-MUYO」の開発ファイルを盗んでしまいました。さあそうなると大変、今日は記者会見の日です。会見開始の午後4時30分までに会社に戻らないとフライ製薬の未来はありません。「 君は主人公となって開発ファイルをリキャプチャー(奪還)するのだ!」という ストーリーです。この顛末はアメコミタッチでマニュアルに描かれていますので、手に取る機会がありましたら 一度読んでみてください。

■豊富な付属品の数々

03-201605pack

1984年のパソコンゲームといえば少しデザインに凝りはじめた箱と簡素なマニュアルというものが 標準的でした。しかし本作は、ダリ風のパッケージ、アメコミタッチのマニュアル、製薬会社を舞台をイメージした薬袋風のケース、そして「これはボール紙です」と書かれたボール紙が付属するといった、凝った作りでした。 Apple][等で発売されていたインフォコム社のテキストアドベンチャーにもは、色々な付属品があるのでそれに倣ったのではないかと思います。ハドソンソフトの『暗闇の視点 バニーガール殺人事件』(1986年)には土が入っていましたね。

04-201605

リキャプチャー 付属品

■ストーリー

細部まで紹介するとゲームの魅力が失われてしまいますので、 各エリアを何枚かの写真を交え軽くご紹介致します。

05-1-20160505-2-201605

プレイヤーの勤務先であるフライ製薬です。こういった軽いテキストでゲームが展開されるので
楽しく進められますね。経理課、実験室には寄りましょう。また普通は対応しないF***、BAKA、AHOといった単語を入れると専用のイラストが出てゲームオーバーになります。一度は試してみるのもいいかもしれません。

06-1-20160506-2-201605

社員用バスに乗るとオハツ駅前へと移動します。降りて早々、ピンサロの呼び込みが出てきます。今まで上品だったハミングバードのアドベンチャーですが、今作は全体的に下ネタに走っているのが特徴です。 この街にはドラッグストアとデパートがあり、買い物上手でないとこの先で非常に苦労することになります。

07-1-20160507-2-201605

オハツ駅から電車に乗りトクベー駅へと向かいます。なんとこの街にはハミングバードショップがあり中には一人スタッフがいます。このゲームは受け付ける単語が多く、ディスカウントストアの前でハミングバードショップを見ると別ベンチャー第二弾の予告まで出てきます。この街も買い物する物が多く、また「会話をすること」で得る物もあり アドベンチャーゲームらしくなってきます。

08-1-20160508-2-201605

続いてはモスキート製薬がある最寄り駅、チカマツ駅です。ここからモスキート製薬へ進入するには二通りありますので、片方でクリアされた方はもう片方をお試し下さい。(ヒントブックに載っていた方法は結構気付きにくいです。)

09-1-20160509-2-201605

モスキート製薬の2階です。このモスキート製薬では大きな目的が2つあり、一つが社員証、そしてもう一つがKONDOH-MUYOのファイルの奪還です。2階では最初の課題である社員証に関しての謎解きが必要となります。会議室に横切ったモノからの機転が大事です。

10-1-20160510-2-201605

3階と踊り場がモスキート製薬後半の舞台となります。トクベー駅の商店街で買ったアイテムを活用させる時が来ました。ここで気をつけたいのが、実験室にあるファイルで、これは真っ赤な偽物です。
ただしこれを活用させないと例のファイル(名称は「HONTO-FILE」!)が手に入りません。

11-1-20160511-2-201605

ファイルを奪還したからといってゲームが終了する訳ではなく、このファイルをフライ製薬で待っている課長の元へ届ける必要があります。ただ一筋縄ではいかないのがハミングバードアドベンチャー、移動に使う乗り物を間違えるとゲームオーバーになるトラップを仕掛けています。また最初の頃で忘れている方も多いだろうピンサロの呼び込みが行く手を阻みます。ここが最後の機転の使いドコロですので、手元の持ち物と見比べつつ切り抜けて下さい。

■ヒントブック

12-201605hintbook

ゲーム中に HINT と入れると出てくる「リキャプチャーヒントブック」(全18ページ、別売1000円)ですが、この度保存協会も入手いたしました。 マニュアルと同じタッチでゲームの展開が最初から最後まで描写されていますので、これさえ読めばゲームが問題なく解けるでしょう。

今回紹介した『リキャプチャー』は83年から84年と非常に短い時期にブームだったコマンド入力式アドベンチャーです。コマンド入力式アドベンチャーゲームは自分で「何を」「どうするか」をカタカナか英語(!)で入れなければなりません。更には受け付ける単語が非常に限られているので「デキマセン」と冷淡な言葉を返された方々も多いのではないでしょうか。

ただ必要な単語が当てづらいだけに悩んでいたシーンでピッタリの単語を当てた時の感動は凄く、その後どんどんと画面とストーリーが展開していく瞬間は麻薬的な快楽があります。これはコマンド選択式のアドベンチャーには無い魅力であり、失われたゲームのジャンルです。

本協会では今作以外にも歴史に埋もれてしまった名作など「現存する全てのゲームソフト」を保存出来るよう、日々努力 をしております。皆様のご協力をお待ちしております。

ゲーム保存協会 駒林

※パッケージやゲーム画像などの著作権は著作者に帰属します。

13-201605end

Miraikan Gamepres

企画展GAME ON特別フォーラム「どう残すか~技術と体験のアーカイブ」

初夏の風もさわやかな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日は、来る5月20日金曜日に開催される日本科学未来館「GAME ON」特別フォーラム「どう残すか~技術と体験のアーカイブ」への出演告知をさせていただきます。
このイベントは現在同館で開催中の企画展GAME ONに付随する催しです。
なぜゲームを残す必要があるのか、どうやって残せばよいのか、というゲーム保存の基本問題と向き合うフォーラムで、現在この国で行われているゲーム保存の状況を確認する機会となります。
パネリストは現在、ゲーム保存活動に関わる代表者が揃い、ゲーム研究、そして保存についての意見交換がなされる予定です。

【出演者】
上村雅之(立命館大学 映像学部 客員教授/ゲーム研究センター センター長)
桶田大介(弁護士/マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟アドバイザー)
辻哲朗(日本ゲーム博物館 館長)
中村伊知哉(CiP協議会 理事長)
細井浩一(立命館大学 映像学部/ゲーム研究センター 教授)
柳与志夫(東京大学大学院情報学環 特任教授)
ルドン・ジョゼフ(NPO法人ゲーム保存協会 理事長)

ゲーム保存の難しさ、問題点など第一線で動く研究者らの声を直接聞ける貴重な機会です。
文化としての地位の低さや資料散逸の状況から「現代の浮世絵」ともいえるゲーム、この魅力的な文化財の未来を知るイベントです。

開催日時2016年5月20日(金)14:00~16:00 (受付・開場:13:30~)
開催場所日本科学未来館 7階 イノベーションホール
参加費:無料
お申し込み:必要(定員50人まで)

フォーラム詳細は以下のリンクより:
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1604141619827.html