2019年開催イベント「宮路洋一氏 特別講演」、ゲームアーツ「デジタル展覧会」を会員限定で公開

暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

日頃よりご支援いただいている会員の皆さまへ感謝の気持ちを込めて、2019年8月3日(土)に開催された「伝説のゲームクリエイターに聞く第4弾」講演の模様を会員限定でWebコンテンツを公開いたします。
開催当日、遠方でイベントに残念ながら足を運ぶことができなかった方、都合がつかなかった方、または当協会の活動を知らなかった方でも、ご自宅のWeb上でご覧いただけます。

一般の方は、新規サポーター登録で当協会にご支援いただくことで、会員限定コンテンツをご覧いだけます。

 

特別講演「伝説のゲームクリエイターに聞く」とは

当協会では、ゲーム作品を作った人の足跡を記録し、証言を記録し、後世に残すことを目的として、ゲームクリエイターの方をゲストにお迎えしイベント講演を開催しています。
イベント講演はサポーターの皆さまによるご寄付・ご支援によって実現しています。継続的なご支援をいただき、改めて感謝申し上げます。

①2019年開催イベント 「伝説のゲームクリエイターに聞く」第4弾
ゲスト:宮路 洋一氏

ゲームアーツ元代表取締役社長の宮路洋一さんをゲストにお迎えした講演です。
宮路さんは高い技術力で素晴らしいゲームを数多く発表してきた「ゲームアーツ」を設立した社長として知られていますが、数多くのゲームプロデュースに携わり、黎明期のPCゲーム開発にまつわるお話やセガハードを中心としたコンシューマーゲーム開発の裏側など、貴重なお話を伺いました。

アマチュアからゲームアーツ設立時のお話や、「テグザー」「グランディア」など、約3時間に渡る講演を一言一句、文字で記録したものをWebコンテンツとしてご覧いただけます。
当日のの臨場感を再現したボリュームたっぷりのコンテンツですので、ぜひご覧ください。

→【会員の方】講演コンテンツを見る(要ログイン)

※デジタル図書館>サポーター会員限定コンテンツ>2019年特別講演 からご覧ください

 

②デジタル展覧会
ゲームアーツ黎明期-初期のゲームソフトを振り返る-

株式会社ゲームアーツは、1985年の設立直後PC-8801mkⅡSR専用のゲーム「テグザー(THEXDER)」と「キュービーパニック」をリリースして大きな反響を得た企業です。
翌86年「シルフィード(SILPHEED)」を発売、確かな技術力を示した後、片山まさゆきの漫画を原作とした「ぎゅわんぶらあ自己中心派」で多彩な麻雀の打ち筋による表現、以降「ゼリアード」「ヴェイグス」「ファイヤーホーク」等の作品でPC業界に強い印象を残し、アクション、シューティング、麻雀を含むテーブルゲーム、ロールプレイングゲーム、アドベンチャーゲーム、また野球ゲームなどもリリースされており、特に初期のゲームアーツの作品は特定のジャンルに偏らないのが特徴的です。
イベント当日に展示した、「テグザー」「シルフィード」「ぎゅわんぶらあ自己中心派」シリーズなど貴重な初期作品をデジタル展覧会にてご覧いただけます。

→【会員の方】特別展を見る(要ログイン)

 

過去のイベント講演もご覧いただけます

2016年、2017年開催の講演も会員限定にて公開しておりますので、あわせてお楽しみください。

→デジタル図書館はこちら

 

100年先の未来へゲーム文化を遺すため、これらの講演・展示イベントは、サポーターの皆さまから会費やご寄付で実現しております。
保存活動は、完全無償のボランティアがいても、工具や器材の購入、また週何日も続く作業を完全に無給でできる余裕のある人は少なく、お金がなければ活動は継続できません。
国や企業からのサポートもまだ不足しており、皆さまからのご支援が少しでも必要です。
ゲームの歴史を残し多くの人に伝えることができるよう、当協会への活動ご支援をご検討いただけますと幸いです。

告知投稿日本記事カテゴリーの記事