文化庁アーカイブ推進事業 2020年度ご報告・ニュースレターvol.13発行のお知らせ

日頃より当協会をご支援いただき、誠にありがとうございます。

ご報告が遅れましたが、2020年度・文化庁メディア芸術アーカイブ推進事業の活動が2月末で無事終了いたしました。
最新号のニュースレター GPS News vol.13では、メディア芸術アーカイブ推進事業の詳細報告をまとめています。
会員の方以外でもどなたでも、PDFダウンロードしてご覧いただけますので、ぜひご覧ください。

ニュースレターVol.13 PDFのダウンロードはこちら

2020年度のアーカイブ推進事業では、以下6つの活動がありました。
①パッケージの電子化
②データベースへの情報入力
③同梱資料の登録
④書籍情報の目録作成
⑤半導体メモリの目録作成
⑥磁気媒体電子化情報の登録

特に大きな成果があったのが、新しい取り組みとなるフロッピーディスクのデータ保存デバイス「ポリーヌ」を使った5.25インチフロッピーディスクのマイグレーションと、半導体の保存作業です。
皆さまからのご支援ならびに、日々保存活動を続けるメンバーのおかげで、無事今年度の活動を終了することできました。
この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

ゲーム保存協会のオンラインゲームカタログ公開開始

今回のメディア芸術アーカイブ推進事業の取り組みの中で、これまで4年間の作業で蓄積してきたゲームカタログの資料情報をゲーム保存協会のホームページから、カタログとして皆さまにお使いいただけるようになりました。
現在掲載中の情報は、一部のみとなりますが、順次アップロードの作業を進め、今後継続的に掲載資料数を増やして参ります。

ゲームカタログはこちら

【ゲーム保存協会のカタログとは
文化庁の助成事業の一環で行った各資料のデジタルスキャン画像から、資料画像のサムネイルも掲載しています。実際の資料が存在し、証明することのできる情報のみを掲載していることが、誰にでも明らかな形で示されています。
サムネイルの掲載については、文化庁から、活きたアーカイブ創造のため、ぜひサムネイル掲載をとの声があったことから、著作権ポリシーにしたがい、複製が出来ない画素数に落とした画像を公開しています。
皆さまにとって、ゲームの歴史を深めるきっかけとして、そして研究を助けるツールとして、有効活用いただければと思います。

今後とも、引き続き当協会へのご支援をいただけますようお願いいたします。

保存告知報告投稿日本カテゴリーの記事